逆流性食道炎の原因は、以下の通りです。 ・過度のストレス ・食生活の乱れ ・肥満 ・運動不足 ・加齢 ・蠕動運動 逆流性食道炎のほとんどは、ストレスが原因だといわれています。 過度なストレスを受けると自律神経が乱れ、胃酸が食道に逆流する可能性が高くなってしまうのです。 そのため、ストレスを軽減させることが、逆流性食道炎の予防・改善に繋がります。 また、食生活の乱れ、運動不足といった生活習慣や肥満、加齢も逆流性食道炎を引き起こす原因です。 生活習慣が乱れたり、年齢が高くなると、食道下部括約部という本来は閉じている場所が、きちんと閉まらなくなり、胃酸が食道に入り込んでしまうケースがあります。 それに、蠕動運動の働きが低下することによって、逆流性食道炎を起こすこともあるでしょう。 逆流性食道炎は、このような原因で引き起こされることが多いので、気をつけてください。 逆流性食道炎になってしまった場合には、早めに治療することによって、早期改善が見込めるので、先延ばしにせず病院を受診するのがオススメです。